動かないものであるが産むべきものが不動産

不動産と言うのは、動かない産物と言う意味です。
つまりは、動かないまでも、その動かないものによって、産みだすものがあると言う事です。
つまりは価値があると言う産物と言う事になります。
一般的には私たちの住んでいる住宅と言うのが不動産です。
人は生活しなければ生きてはいけないと言う事になります。
そして、生きるためには、住まいがなければならないと言う事にとなります。
つまりは家です。
建物です。
では何故に産物と言うのかと言う事になれば、その建物には必ず評価額と言うのがあります。
新しい、新築の家と言うのは価値が高いと言う事です。
そして、その逆に古い建物の場合は、かなり安価と言う事になります。
そして、その家、建物の程度、内装の他、大きさや小ささによってその評価額は異なります。
家とはつまりは物件と言う事になります。
住まい他、様々な建物があります。
一般住宅から大きな豪邸やビルディング、全てが不動産として扱われると言う事になる訳です。